2010年09月21日

開局された心の裸子。

あの女はbourbonのヒョウ柄に消えた世界地図の真裏で世間体のtabletはcontrastと刺激的なAsphaltの代地に勝運だけを零す落雷のRiceに君が零した大呪、世界は標本の離陸に留まらず描くのだ子宮外の殷賑な微笑みと縫合の機械室、爛れた王冠とニューハーフのBoy Scoutsの群れ俺は火鉢の街並みは奇襲するスポンジの高濃度の詩と酒気に塗れ思春期を謳歌した非静物的光年の夜明けを擬態的に待つのだ敵視しながらNiagaraの外反母趾の農場で向上心だけを気楽で意味深な瓦礫の体感に少数派の民族の下駄の音色の多幸感に幼虫たちは陰気で性別を喪う瞬間性の頸動脈のtattooにoverdoseしたパンクスたちのpenisRingに傷心の裸婦たちは大合唱するOrionの蝉の抜け殻で絵の具を創造するのだEthanolに千切りの日曜日の普遍的皮肉の避妊用具たち渇す引力と蛇行の青春の記号たちは演奏家のジャバウォックの苦悩を脳天の散弾銃で描くのだ無法地帯の夜景は銀河の冷めたmetaphorに真理を描くのだ獰猛な思春期のblastBeatは請求書の雨とDiamondなのだと緊張しない世代は朦朧と月夜の鎮火の聖地で餌飼いの私恨を廃絶している溶鉱炉は自虐的な競売の粗大塵に憎しみを零すが自我の異端児たちは依怙贔屓の旧日を群がる指針の挫折感は甘美の騒人たちの哀感と露光に爛れる鉤十字の猫型の夕闇なのだ自閉し戦隊には階級制度と奴隷制度で嘲笑する金銭欲の殺到する人間人形の吸いあげる多幸感なんて偶像の日舞さ親裁に蕩ける円盤は雑食の恥骨に名声を老後の癇癪だけを願う愛惜の婦人病の涎掛けさ静電気に一部始終を奪われ怨嗟の過激派たちは脱色するSkyと延言の皮膚に糖度を冷覚の支配者の遠望を酒池肉林だと吸盤に再啓するのだ刑罰の鎧はHamletの直訴の厭世観にタイ語と主体性を喪った単独性の協議なのだ把針に描く擁護と半世紀の無知の集光は均等な未来を博愛の精神の戯画に賃貸の猛省を首魁と戒律の軍隊を潰す勢いなのだ此の世は笑う為に生まれたのだ人を無垢にして見下さず正す為に栄養剤を投与するのだ人海には滑走路とロボトミーのhijackたちの狂騒を円理に激しく揺さぶる万端の形跡にDreadRockのcannibalismpartyにミセスたちの老化現象が舞うのだSickなextensionの群れ愚考と俳句の寄せ集めの地平線ニュートンの重力に血清の溶岩に凍死するidolたちの退屈な金儲けだけの映画はホルモン剤に登校拒否する位に退屈だ商売道具と比色の胴体は密室の狂気に殺意を零さず愛でカタルシスを折るのだ人道的だなんて道徳心を売り捌く偽物の征服に嘆じるように協議せず往診するのだ自覚し券売機の相姦を哀婉の風致に渇し沿岸の放浪は刺客たちを絶えず遠路の白地に教典の我意と名前のない姪たちは蛾の羽根を手に入れたと鱗粉塗れで時速の観念を越えている狂信者のimaginationのstained glassに地平線は合併症の強打に苦悩するが小さなRevolutionが世界を性愛に埋め尽くす頃には人間は過信して進化を止めるだろうメルヘンさ妥当でsimpleな失笑を繰り広げるように俺たちは烟景の過失に命名されくどくも太陽の湖心に磔の午前を聖人と呼ぶのだ「木屑に絡まる無声の簪に無感情で在るべからずと看板に描く漆黒のDaliたちは明鏡の楔に転じる王冠の偽色は反撃の境地の殺傷能力のようだ起伏に展望する賢明なで斡旋する売春婦たちの納涼の呪いは下腹部に断言する未成の子供を産み広げるのだ愚生なcomplexの満開たちは夭逝の堅固に懐中時計を無くし時間感覚を越えたhystericな肉欲に同格するのだ奇術に雄牛たちは角を捨て在庫の夜に敬語に刺されるのだ鬼畜たちは勇敢な正義にだけに凶日の洗顔を安定剤の夜更けにキリンたちのDanceは囚繋の協議に褐色のあるRenoirの天秤にelegyだとか剣幕の仮想を教科書の黒幕は婉美な主審なのだ備蓄され空港の魚影に天心は溶媒の禍根を台詞に除く共愛にこそ筆跡は原盤の司直なのだ境地に不利だと単細胞のArtだねと永劫に切り開く宴席に協調性の頭蓋骨は教卓の理論を不時着させるが耳成放逸の綺語に胸裏の心抱く栄誉は総計の渇望なのだ輪生は大役の偽装を手立てだと嘯く亡き後の傲慢を祭壇に幼稚な規則で繰り広げ建築的な享楽に嬰児たちの曜日感覚は観音菩薩の哀婉の腕枕で茎葉の器質に囚われない心は配合される気高いoceanviewだけに正論を零す麻薬犬たちは兼用の死地で烟嵐の硬膜に自尊心を捨て去ったようだ枯葉剤を踏み躙る豪快な五月雨の悪魔崇拝者たちは異次元で毛嫌いされる蚤の神話に詠草を凶弾の尻に描く妄想の許可証は交換された沿岸の詩に食え演奏し感情は堕落しない熱情し感動だけを舞台裏に零すのだ神々しくも殺伐と近況には演説家たちの分析室で鶏卵と公園のdecibelは肺臓の陸地の風声の博徒なのだと起伏には寛恕の風化が邁進し己は快癒されたのだ誰かの可憐な傷みを快癒するvectorだけを吐き出すのだ処世は鋭気に戦塵は掻き消す為の症状の愛敬なのだ惰性に未熟だねと健忘するが短くも鋭く描くthrillに勝るものは無いのだ潔白さ信じる者は救われるかも知れないが信じるだけでは巣くわれるだけだねと自分のprideが信念に変わった今を快感と呼ぶのだ素面で永遠を突き抜ける快音跪くような内心のKnifeとchandelierさSentimentalな踪跡に健常なのだ」内面は紫外線の皆無を照合し変速する五月蠅い雨滴の高教に奇抜な制裁の悪態を注いだ耽溺の日々はニキビとなって消えたのだ遠隔操作されている人混みで契約する廃頽の悪童たちは推理の寡黙なRestaurantで尾鰭と青玉の擬死に変性する夜這いを酸性雨の渠魁に蛍雪は乱闘するが命の蔓延るこの景色にこそdelicateと世局が混在しあくまでも証印だけの憤怒を無くすように歪な青蠅たちの群集心理の刑罰は無くなり絶対的なMinorityでお互いを理解し分かち合うのだ永久に赦すのだ静謐の遷宮たちは妖粧の瓦礫に涅槃たちは勝者の不満を灯籠に閉じ込め癈人たちは性海で清心に起爆し聖人となるように皆の未来は揺籃の電子の電車に乗り本当の時間を知るのだ本当の時間など無いのだと大師に描くのだ邁進し残光の花厩に憂いの珊瑚礁のbutterは溶質に嬌艶し胸像を剥ぎ老巧は窮鳥たちのhummingに揺れる木々たちの黙想を天体の放湿に琴海は恐懼を捧げずにPainを無くし境涯は相貌の睡蓮の強度に捧げる恋情に添う音階は強烈な感情だけを昇天させ叶わない者など居ないのだ自分の正し世界を声律に踊らずに歩く阿吽。
posted by 小薗 学で検索 at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
哲学・思想 ブログランキングへ
詩・ポエム ブログランキングへ
@kozooo7をフォロー