2011年07月26日

極彩色の蛙たちが躍る季節。

諸行無常に商業的な雨の相姦を根絶やしの告解の市民権の奪われる
生きた実験台としての僕らの悲劇と喜劇とムーンライトは心情を濾過し
残響にしびれる製造器の完治と苦悩の聖断の星屑の論理を無造作なcubismの背中の破水を
妄想しジレンマと細菌兵器の夏が切ろうと僕の無の権限を素粒子の引導に
芥子とパステルとダリとガラのような関係性を虫食むような季節のセレナーデが寄食するのだ
自白剤と誘導体としての刑罰を傷痕と極彩色の運命論の祝詞にエンドロールは神々しく
無作為に人為を奪うから加速器によじ登り
この次元を捨て去るような気温差の慢性的な公益の紫雲に斬新な頸骨の君の名声の許可証や
友愛と和んだ私益の果てに醜状の季節が無感動の母胎を出迎える
「失意と協奏曲のネイルの紫式部の描いた洗礼と反訴と反駁の追憶に奴隷制の嫌疑に、白昼夢と権限のない湖心と破廉恥な序章を根底の幾何学の抜糸に旋律と虚言の羽根がムンクと葡萄酒が靴の中で躍り出し
膏薬の試練の残像に機械的な戦傷を憎悪の無い天国の発色を厭世観を模造した君は
矮星の記憶に眠り雑念が廃墟でシンデレラと満開の化粧の橋の崩れた鎖骨の海辺で
コンビナートのジレンマと君の陰影に放送された寄宿の寂しい情念の錯角を
拡散するイデオロギーに執念の同系色を宝石箱のジュラ紀の停止線を
有機体と無機質の媒体を戸籍と背教の威信で鶏鳴の相乗効果を内面の衆多の歌が
毅然と折れた失跡に有毒性の根治を献じるような疾走感で礼奏する時間の概念が白衣を苦みと
終演のベンチに腰掛け均等な未来はホームシックな笑顔で冷戦の工学的混濁の色彩で
絵画の受精卵や躍動する天地創造の巨木の盲進に俺は少ない叡智を見損なうような
綺麗な世界の脱色をアンビエントで染めるのだ
「廃寺で座禅する永遠の子供たちは、点線を歩くと、不景気だと金銭だと喘ぐだけの導管を結ぶだけの経済と敬遠の採草を堅実な人混みのテノールや涙腺のガンマビートに前衛のビスを打ち込まれたこめかみからは、形質の無い宇宙の誕生日を祝う物もらいの強迫的終世のメロディが、王道を焼いた謙虚な自画自賛を夢想し、感電死するまで描いた狂気が核融合し十代の起算を晩餐会と重体の蘇生を混同する全知全能の貞婦の信仰心に権利と革新的な生動を才覚し、楽しむだけの裏打ちを味わい融合するのだ真理と禁忌と駆除と総雨量の迷いをかき消す為に映画のような視線を四季と情念の相対を覚醒させただけのこと。」キングストンの優しい風が鈴虫と混ざり攪乱する失す畏敬の緩怠を触発し
マンドリンとオレンジのスニーカーが躍り出すまで俺は質感を無駄口と閉鎖的な
平衡性を保つだけの敏感な私物を処理しては
解放感に喘ぐだけの金色の受精卵を包囲網と堅実な早晩の地下室の産気を浴びて
破壊的な雑音の石油強盗たちの本質の転換と艶美に皮肉を零す
千手観音の描いたリミットのない国籍の脂肪を乱世とコンマとデジタルな疾走感を
延滞金と無害の去勢をエンジンと刹那の放浪と
虚言と凄艶の祝日の艶麗な植栽の番地を権限のない生動の機器のように
理不尽な物語の落成と金魚鉢の背中の土星を摂動する根治し
汚い斡旋を空洞と暴走する失態のない健常の福利厚生のアンドロメダや
空気感の書聖を遠路遙々空虚な糖質に安全ピンと目覚ましの感情を熟成を天地の廃道を
連記と混じる制裁の半導体と成婚の所持品は短絡的な凶状と反骨と誠意の奉納の糖度の力学に
戦傷と半世紀のメンタルの掃きだめのエロスが沈滞する
「雨降って地固まる的な意味がよく理解できません。台風一過が混沌と頭の中でぐるぐる回ってるのは、夏風邪というロマンスに似た影を踏むように、このカンツォーネが脳内でデリカシーの無いエンターテイメントを吐き出すから、暮れた季節が淋しいのよと、千鳥足の街並みは痛風の夫婦が小さな戦争するから、僕はジーザスのトナカイに乗り、窮境に行き着く先は、多分大凡平凡な明日を噛みちぎるのだ。」そして平衡性の哲学的絞殺が襲う「今を殺める意識が永久に拡散し、限りある時間の遮断機を飛び越え確証する意識にこそ、正しいような悪意を零し、この儀式的な朝に捧げる鎮魂歌が脳裏で肥大し、感嘆に響く獲物のように釈放され、浸透する自我の革命を引き起こす中庸を保ち、新たな質感で弄る幽遠に季節は滅びのメロディを告げるだとか、そのタナトスたちを集め永劫回帰に昇華する。」ポリティカルな街は襲撃された夜道のhomeworkに
抱卵した悠長な季節の残像を奉納するような高濃度の住宅街で
偏執的生涯を本質の祈願する対比と漏れる唇のアンテナに正義は発狂した寝具の政敵
ノスタルジアの折檻のローラーコースターに貧相な受胎だと忘れた原型の触発の執刀の変色を
黄道帯を見つめファイナライズされ眠る胃袋の魚でありたい僕は分針を壊すと
時間のない愛液の残滓にぬぐい去る記憶の雑食の天地に甘い人混みの終戦の言葉を借り
配合される愛と脳
普遍と生きることへの偏見と治外法権のむしろ残虐な暗黒舞踏の真義の屈折レンズの吐血を
反故と呼ばれ死生観は勘定するだけの代償と罪と罰とドストエフスキーの太陽と
軍事力と顕微鏡とアニマとアニマルセックスと君と挫傷をネイルを
追憶の偽装を身体を引き離すナチズムの騎兵隊が言葉のない扁桃腺に弾ける情交のプラトニックな矮星の局地で
健常者の胴体に気質を与え給えと背徳の翼で架空の唾と白衣の代物と商談とバリウムと運動的な石膏のグリースと
居然と奇異と散華と根拠のない名実の変転に倦怠感は皆無だと真理と博士号の毒素を
無情の刹那や鉱毒とブレインのマタニティーと神曲と塹壕の運命の争乱と窮状の宇宙のハレーションと
気持ちの残像が第四惑星で危篤と半減期の妄想を企て
この巨人のような電子的艶麗の信仰心のようなでたらめな対比を空気感は全貌の労働と胎動と
膨らむだけのジュエリーの遠心力で回転する肘掛けの消耗品や
空と白と議論に迫害ウィルスの倦怠期がムンクの去勢を促すと僕は変色する慚愧に命じるだけの
私論で人物像を頽廃させた気泡に乗り紛争地帯のギミックを解くCipherを心境に詰め込み続けるのだ
シックスティーンの怠惰に進路をかき乱しながら豪毅を保ち克己心だけで進むのだ。
posted by 小薗 学で検索 at 08:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216739303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
哲学・思想 ブログランキングへ
詩・ポエム ブログランキングへ
@kozooo7をフォロー